鑑定、易占いについて:生年月日で相性占い.jp

鑑定、易占いについて

占いとは、様々な方法で未来や他人の心の内など直接観察することのできない出来事について知ることを言います。

鑑定とは、専門的な知識を持つ人が、科学的、統計学的、感覚的な分析に基づいて行う、評価・判断のことをいいます。

その鑑定の一つが占いであるといえます。
現在、科学的根拠の有無・妥当性に関わらず、「占いを鑑定する」という表現をするのが一般的になっています。

占いを鑑定する人を、占い師又は占い鑑定師と呼んでいます。
占いの鑑定方法には大きく分けて三種類あります。

一つは、命(めい)というもので、人の運命や宿命を占い、鑑定するものです。

誕生した生年月日・時間や、生まれた場所の条件も加えることによって、その人の生来の性質・傾向・人生の流れを占い、鑑定するものです。

代表的なものとして、四柱推命・占星術などがあります。

二つ目は、卜(ぼく)というもので、人が関わりあう事柄又は事件を占い、鑑定するものです。

時間・現象・方位など基本にして、占う時の偶然性も加味して鑑定します。

代表的なものには、易・タロット占い・水晶占いなどがあります。

三つ目は、相(そう)といい、目に見える対象の姿や形を鑑定して、人への影響・
吉凶を占います。

人の相は過去の現れであることから、未来も鑑定できるというものです。

代表的なものには、手相・姓名判断・風水などがあります。

これらを、目的に応じて使い分けたり、組み合わせて占い鑑定することが肝要とされています。


易占いの起源は、今をさかのぼる約六千年前、伏義という人によって誕生しました。

その後、それを元に周の文王と周公が、占いの基本である易経を作りました。

それから五百年ほど経った約二千五百年前に、孔子が易経に注釈を加え、四書五経の筆頭に置かれている易経が完成します。

易占いは、その易経を元にして占を行う方法で、五十本の筮竹で卦を立て、その卦の辞と形で判断を下すものです。

易占いは、様々な人々に生きる道を示してきました。
古代中国では、王者は自ら易占いを行い、国を治めてきました。

易占いは、筮竹(ぜいちく)と卦木(かぼく、「さんぎ」とも言う)を用いて占い、64卦の中から一つの卦を出し、卦辞64、爻辞386、合わせて450辞の中から、自分の現在の状況とその未来、さらにより良い方向に向かう方法を示してくれる占いです。

易による占いで重要なことは、初回の卦のみが有効で、何度も占うと卦がけがれ、正しい結果が得られないと言われています。

最初の卦を自分がどう受け止め、どう努力したかによって、次の卦が得られるとされています。

また、易占いは、全般的なことではなく、具体的なことがらについて行うものです。
従って、占いたい内容の焦点を絞らなければいけません。

 
生年月日で相性占い.jp TOPへ 占いについて 鑑定、易占いについて